スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Vol.27 夏休み@鳥羽 その2

さて次に向かったのは・・・・


海博看板


久しぶりです・・・


ここは建物自体もとってもステキで
日本の建築空間100選などを受賞しています


HPはこちら海の博物館


中に入ると

魚屋さんが・・・

さかなや

魚吉のおじさんとおばさんは人形です

おさかな
お魚は、最初、本物かと思いました・・・

だって、氷が入れてあって
「いたみやすいのでさわらないでくださいね」
って書いてあったので・・・

そ~っと氷をさわってみたら
透明なゴム
でした

そうですよね
昔はこうやって傷まないように氷が入れてあったんだ~

お店にある冷蔵庫もレジも
昔のもの

冷蔵庫は1ドア(おそらく中に冷凍室)
レジは数字をガシャガシャと押すタイプのもの

私のイメージでは
魚屋さんも八百屋さんも
天井からザルがぶらさがってて
そこにお金が入ってて
・・・なんていう
ちょーレトロな(どこでそんなん見たんや・・・)記憶が・・・



他にも
海の博物館といえばこの模型
ながし

カツオの一本釣りの模型です

katuoryou.jpg


館内にはいろんな「人」がたくさんいて
これがまたリアルで面白いのです


伊勢えび網

伊勢えびの刺し網を繕うおじさん


このほか
カツオをさばくおじさん
菅島の海女さん
などなど
コンタクトレンズしてなかったら
「こんにちは~」
って声かけてしまいそう・・・



今、「漂着ゴミでアートする!
第4回海はひろいな大賞」作品を展示していて
アート展示
面白い作品が190点ほどありました

ユニークなものがたくさんありましたが
材料はすべて漂流ゴミ・・・

なぜか
焼肉用の網とか
車のシートのヘッドレスト?
とか
掃除機か洗濯機のホースみたいなもの

えええええ~っ

と思うものがたくさんありました


こちらは9月11日まで展示されています


ほんと
何年ぶりかに行きましたが
「海」にまつわる生活や文化を知ることができ
とっても見ごたえがありました

民俗なんて
若い頃はあんまり興味なっかたのですが
おんなじ鳥羽でも
地域によっていろんなことが少しずつ違ったり
まったく違ったり・・・

こういうことを
文化として
きちんと伝えていくことって
大事なんだと思いました


スポンサーサイト

ブロとも一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。